レイクALSAとプロミスの違いとは

新しく登場したレイクALSAとテレビCMでも有名なプロミス。国内でも知名度と人気を分ける2つのカードローンです。

 

比較と言っても細かい内容は大きな違いがありません。

 

それでも気になる方のために金利や無利息期間(これは差がある!)など項目別に比較します。

レイクALSAとプロミスの基本データ比較

商品名 プロミス レイクALSA
金利 4.5%〜17.8% ※1 4.5%〜18.0%
融資額 500万円まで 1万円〜500万円
遅延損害金 20.0% 20.0%
申込み年齢 年齢20歳以上、69歳以下 満20歳〜70歳
融資時間 最短60分融資可能 Webで最短60分融資も可能 ※2
担保・保証人 不要 不要
無利息期間 30日 下記の表を参照

※1 プロミスの金利は新規契約の方が対象
※2 21時(日曜日は18時)までの契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で当日中の振込みが可能です。一部金融機関およびメンテナンス時間等を除きます

レイクALSAは選べる無利息!

無利息期間 契約額 備考
60日間無利息

【Web限定!】

1万〜200万 全額
180日間無利息 1万〜200万 5万円分まで
30日間無利息 1万〜500万 全額

※60日間無利息、5万円まで180日間無利息、30日間無利息の併用はできません ※レイクALSAで初めて契約する方が対象 ※無利息開始日は契約日の翌日からとなります ※Web以外の自動契約機や電話で申し込んだ場合は30日間無利息を選択できます ※契約額が200万円を超えた場合は30日間無利息のみ利用が可能 ※無利息期間経過後は通常金利適用
------------------------------------------------------------
・ご返済方式:残高スライドリボルビング/元利定額リボルビング
・ご返済期間・回数:最長8年、最大96回
・必要書類:運転免許証※収入証明(契約額に応じて当社が必要とする場合)
------------------------------------------------------------

基本的な貸付条件で上限金利がレイクALSAの金利18.0%なのに対しプロミスは17.8%であること以外差がありません。

 

しかし無利息期間についてはレイクALSAが3通りあるのに対しプロミスは1通りです。

レイクALSAとプロミスの金利を比較

しかしこの金利差も実際にはさほど大きな差とはなりません。

 

レイクALSAとプロミスそれぞれの公式ページで返済シミュレーションをすると以下のような結果になります。

 

30万円借りて月々12,000円ずつ32回で返済した場合の利息を含む返済総額

17.8% 377,633円
18.0% 377,351円

32回というと3年弱です。それで差額は282円。よって金利差の0.2%は大きな差とはならないのです。

 

当然早く返せば返すほど金利の支払額は少なくて済みますし、プロミスもレイクALSAも無利息期間をどのように活用するかで金利の支払額は変わってきますので、あまり気にしなくても良いでしょう。

遅延損害金は最高の20.0%

延滞すると通常金利から延滞金と呼ばれる「遅延損害金」に変わって適用されます。

 

これはレイクALSAもプロミスも20.0%となっていますが、貸金業法という法律で決まっている最高金利額なのでこれ以上多くなることはありません。

 

しかし決して安い金利ではありませんし、信用にも関わることになるので支払い遅れや延滞には気をつけましょう。

レイクALSAとプロミスの貸付限度額を比較

レイクALSA、プロミスともに限度額は500万円です。

 

他社では800万円というところもありますが、実際に500万円をカードローンで借りることは少ないと思います。

 

また、仮に借りたいと思っても総量規制の壁があり年収の3分の1までしか借りることはできません。500万円借りるためには1500万円の年収が必要となるのです。

 

そう考えると500万円などの限度額いっぱいまで借りるということはあまりないので、限度額が大きいからと言って多く借りられるわけではないので注意しましょう。

 

もちろん限度額が大きい分少額なら審査も甘いということはありません。

レイクALSAとプロミスの申込受付時間を比較

会社名 プロミス
ネット 24時間365日
電話 9:00〜22:00 土・日・祝可
自動契約機 9:00〜22:00 土・日・祝可
有人店舗 10:00〜18:00 平日のみ
会社名 レイクALSA
ネット 24時間365日
電話 24時間 土・日・祝可
自動契約機

・平日・土日 8時〜24時
・日曜・祝日 8時〜22時
・毎月第3日曜 8時〜19時

有人店舗 有人店舗なし

上記時刻は店舗によって一部異なる場合があります。年末年始を除きます。

 

ネット申込なら24時間365日受付。いつでもどこからでも申し込めて書類も写真で撮影してアップロードするだけという手軽さです。

 

それぞれ店舗・自動契約機でも受け付けていますが場所によっては近くに店舗が無かったり、先客がいて待たされる場合もあります。

 

レイクALSAは深夜でも電話にて申込受付してくれるのがポイントです。これなら仕事が終わった後とかでもゆっくりと申し込みができます。

 

一方プロミスは22時までですが、これでも十分間に合う方はいると思います。

 

いずれにせよ電話申込では間に合わないという場合は手間も考えるとネット申込がおすすめです。

レイクALSAとプロミスの審査回答時間を比較

申込受付時間と違って、審査の返答ができる(行われる)時間を指します。

 

申し込みしたらいつでも即審査結果が出るというわけではないので注意しましょう。

プロミス 9:00〜21:00
レイクALSA 8:10〜21:50

店舗や自動契約機の営業時間内であってもギリギリの時間で審査となると時間内に間に合わないこともあります。

 

できるだけ早い時間に済ませるか、ネットから先に申し込みと審査だけ済ませておきましょう。

レイクALSAとプロミスの審査にかかる時間を比較

プロミスもレイクALSAも申込みから最短1時間でお金を借りる事ができるようになります。

 

これは土日祝でも同じく最短1時間です。

 

特にレイクALSAに関しては審査結果が申込み後最短15秒で画面に表示されるというスピーディさ。

 

審査結果は常に気になるものですがこれなら審査に通るかどうか不安になりながら待つ時間も少なくて済みます。

プロミス レイクALSA
審査時間 最短30分 お申込み後、最短15秒で審査結果を表示可能
融資時間 最短1時間融資も可能 Webで最短60分融資も可能 ※1

※1 21時(日曜日は18時)までの契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で当日中の振込みが可能です。一部金融機関およびメンテナンス時間等を除きます

レイクALSAとプロミスの審査基準を比較

20歳以上で安定した収入があればお申込みは可能で、審査の上借り入れできるかどうかが決まります。

 

専業主婦の方は安定した収入が自分で得られていないので申し込みできません。

プロミス レイクALSA
貸付条件 安定した収入のある方。ご自分のメールアドレスをお持ちの方。主婦や学生でもパート・アルバイトなど安定した収入があれば申込可能
対象年齢 20〜69歳 満20歳〜70歳(国内居住の方)

レイクALSAとプロミスの返済方法を比較

プロミスの返済方法

 

ネット返済 銀行引落 銀行振込 プロミスATM 店舗窓口
ネットで可
土日返済
来店不要
手数料無料
24時間返済
返済の相談

 

レイクALSAの返済方法

 

ネット返済 銀行引落 銀行振込 提携先 新生銀行レイクATM その他提携ATM
深夜の返済
土日返済
一括返済
手数料無料

レイクALSAとプロミスの無利息期間を比較

プロミスは「30日間無利息サービス」、レイクALSAは通常「お借入全額30日間無利息」または「お借入額のうち5万円まで180日間無利息」が選べます。

注意事項として適用されるのが出金日からなのか初回契約翌日からなのかの違いがあります。

 

契約翌日にスタートする無利息期間の場合、出来るだけ早く借りないと日割りの利子が無駄になります。

プロミスの無利息サービス

オーソドックスな無利息期間です。

サービス名 30日間無利息サービス
条件
  • プロミスの利用が初めて
  • メールアドレス登録
  • Web明細を利用
内容 初回出金の翌日から30日間無利息

レイクALSAの無利息サービス

ご自身の返済スケジュールに合わせて3つの中から選択できます。

無利息期間 契約額 備考
60日間無利息

【Web限定!】

1万〜200万 全額
180日間無利息 1万〜200万 5万円分まで
30日間無利息 1万〜500万 全額

※60日間無利息、5万円まで180日間無利息、30日間無利息の併用はできません。
※レイクALSAで初めて契約する方が対象です。
※無利息開始日は契約日の翌日からとなります。

レイクALSAとプロミスの借入診断を比較

実際に申し込む前に借入可能かどうか簡易的に調べることが出来るサービスです。

 

レイクALSAは「お借入診断」、プロミスは「お借入シミュレーション」と言います。

 

レイクALSAのお借入診断は

  • 生年月日
  • 本人年収(税込み)
  • 他社からの借入れ件数
  • 現在の他社借入れ金額

 

プロミスのお借入診断は

  • 生年月日
  • 年収
  • 現在の他社お借入金額

 

を入力します。項目数に違いがありますが似たようなものだと思います。

 

こうした診断サービスは仮審査と思われがちですが、この段階では個人情報を元にした審査は一切行われません。

 

生年月日で借入対象年齢であるかを確認し、他社借入金額で総量規制に引っかからないかを簡易的に確認するのです。

 

実際に申し込むと信用情報機関などを通して細かくチェックされます。あくまでも「診断」ですので、一応の目安として活用しましょう。

トップへ戻る